シミ(色素沈着)の種類と治療方法

顔のトラブルを抱える女性

 

「シミ」とはメラニン色素がうまく排出されず沈着した状態のことを言います。このシミとは様々な種類があり、原因や治療方法も違います。また、顔だけでなく、背中や脚、デリケートゾーンなんかにできることもあります。

 

  • 老人性色素斑

    一般的に多いとされるこのシミは紫外線や老化が原因で起こります。紫外線を浴びれば浴びるだけシミは濃くなります。30代以降に急激に増え、治療にはレーザー機器や、フォトフェイシャルが有効だとされています。

  • 炎症後色素沈着
    ニキビやアトピーなど物理的な原因により現れるシミで、炎症がひどければ色素沈着は濃くなります。時間が経つほど改善は難しく、また何度も同じ場所に外的刺激を受ければその分治りにくいシミです。ビタミンC誘導体の化粧水やレーザー治療で改善します。
  • 肝斑
    ホルモンの影響を受けやすいシミで、顔の左右対称にできることが特徴です。
    30代から40代の女性に多いとされ、ピルを服用することが原因で現れることもあります。レーザー治療には向いておらず、止血剤としてもよく使われるトラネキサム酸と呼ばれる錠剤を服用することで改善します。
  • そばかす
    遺伝や人種によって現れるシミで、比較的薄い色素沈着です。他のシミと違い幼い子供にも現れることがあり、年齢とともに薄くなる傾向があります。治療方法はレーザー機器やフォトフェイシャルで改善します。

 

これ以外にも、毛抜やカミソリが原因になることもありますので、ムダ毛や白髪は強引に剃ったり抜いたりするのもやめておきましょう。