白髪染めで、肌荒れしたり、かぶれてしまったら

肌荒れ悩む女性

 

白髪染めでかぶれや肌荒れになってしまったこと、ありますか? それまで問題なく使っていた白髪染めでも、突然かぶれの症状が出たりすることもあるようです。例えば、頭がかゆくなったり、陰毛の周辺が赤くなったり、ピリピリ、チクチクと頭皮が傷んだり、湿疹ができたり・・・。こういった症状は、主に「ジアミン」という化学物質によるアレルギー反応だそうです。パラフェニレンジアミンや、パラトルエンジアミンといった「ジアミン系」の薬剤によるアレルギーは一生変わることはありません。ですから、かぶれが出てもずっと使い続けると、症状が悪化してしまいます。つまり、一度かぶれが出てしまったら、その白髪染め(ジアミン系が入っているもの)は使用をストップするしかありません。特に陰毛など頭髪以外に使用している場合は注意しましょう。

 

そうなってしまったら、他の白髪染めを。。ということで、使えるのは、植物染料のヘナを使用しているもの。あるいは非酸化染毛剤(お歯黒式白髪染め)。そしてヘアマニキュアです。ヘナとは、強い染色力を持つ植物染料です。トリートメント効果が高いというメリットはあるのですが、ヘナ100%では白髪はオレンジ色に染まってしまいます。色持ちはずっともちます。また非酸化系染毛剤に関しては、使用後髪のきちんとしたお手入れが必要です。そうでないと髪を痛める恐れがあります。またヘアマニキュアは手軽に使え、コストパフォーマンスも良いなど、メリットが多いのが特徴。ただし、使い続けると、染まりが悪くなることがあります。また、浸透剤を使っているものが多いので、皮膚に付くと取れにくいです。おすすめの無添加の白髪染めはこちらの記事をご覧ください。