デリケートゾーンだから…

陰毛に白髪が生えてきたら、けっこう悲しいですよね。50代を超えた歳ならまだしも、20代、30代、40代だと、自分は同世代の人よりかなり早いんじゃないかと、男性女性問わず、皆さん悩むと思います。
陰毛の白髪が気になる女性イメージ
旅行先の温泉なんかで友達や家族に見られるのもイヤですし。。。婦人科検診などで先生や看護師さんに見られるのもどうかと思いますし。。。

 

パートナーや彼氏だって、あなたの白くなり始めた陰毛を見るのは、少しショックだと思いませんか!? では、陰毛に白髪を見つけてしまったらどうすればいいでしょうか…

 

 

陰毛に白髪を見つけたら…

 

陰毛の白髪にかぎらず、毛を抜いたり剃ったりするのは、最も避けるべきです。

 

ワキや手足のムダ毛処理をイメージするとわかりやすいですが、脇毛を抜き続けていると、黒ずみや、シミ・色素沈着の原因になりますよね。

 

デリケートゾーンでも同じことが起こるのです。

 

最悪なのは、この部分が、ブツブツ肌になったり、赤くなること。。。

 

抜く・剃るという自己処理を続けていると、埋没毛(毛が皮膚に埋もれてしまう肌トラブル)や毛嚢炎ができてしまうこともあります(T_T)

 

ワキや二の腕にぶつぶつが…

 

黒ずんだブツブツ肌のデリケートゾーンに、抜いてもまた生えてくる白髪の陰毛。想像するだけで悲しいですよね。

 

そうならないための選択肢は2つ。

 

白髪染めで染めるか、脱毛するかの2択です。

 

染めるか脱毛するか

 

まず、脱毛するというやり方について。

 

こちらは、陰毛の白髪脱毛のページで詳しく書いていますので、この白髪対策関連ページを参照してください。

 

つづいて、白髪染めで染めるというやり方。

 

誰でも手軽に、コストパフォーマンスも良くできるので、おすすめの方法です。ただ、残念なことに「陰毛専用の白髪染め」なんていうモノはありませんね。。。

 

なので、染めるなら頭髪用の白髪液で代用するしかありませんが、陰毛はデリケートな部分に生えています。かぶれたりしないよう、無添加の白髪染めを選ぶなど、商品の選択には十分な注意が必要になってきます。

 

無添加の白髪染めがおすすめ

 

そこで、以下では、頭髪用の無添加の商品を紹介したいと思います。

 

無添加の白髪染めは、ドラッグストアで手軽に買えるものよりは少しだけ高いですが、あんまりお金をかけ過ぎるのも…と思いますので、比較的に安くて品質の良い物に絞っています。

これがおすすめの白髪染め!

 

はじめて使う人でも簡単! 利尻ヘアカラートリートメント

利尻ヘアカラートリートメント

 

無添加の昆布エキス配合の利尻ヘアカラートリートメントは、ブランドシェア全国第1位の売れ筋の白髪染めです。

 

人気の理由は、ヒリヒリ感や刺激がなくて髪や肌に優しいこと。1つ買えば長持ちすること。それから、お風呂でたった10分でできることです。

 

お風呂で染められるのは嬉しいですね。気になる部分に塗って10分ほど放置して、あとはすすぐだけ。これなら、手間もかからず、家族の目を気にすることもありません。

 

白髪染めといっても、ヘアカラー用なので、ボトルも普通のシャンプーと変わりません。

 

 

利尻ヘアカラートリートメントの詳細はこちらのページ

 

 

利尻ヘアカラートリートメントは、無添加なだけでなく、パラベンや香料も使用していません。昆布、ウコン、クチナシなど天然由来の色素を使用していますので、とにかく原料はやさしいですし、イヤなニオイもしません。髪のことを考えても、1本持っておいて損のない白髪染めです! 金額も下記のページを見てもらえればわかるとおり2,160円ですので、親切ですね!

 

 

Jコンテンツの白髪染めルプルプ

Jコンテンツが、iPS細胞研究のタカラバイオと共同開発した白髪染めこちらルプルプ。フコイダンを含んだガゴメ昆布エキスの自然成分の効果で、髪や頭皮に優しいのが特徴です。

 

もちろん無添加で、さらに低アルコールという使いやすさ。定価は他の商品と変わりませんが、初回は1,980円とお得に変えるのが嬉しいですね。できるだけ良い白髪染めを、安く使ってみたいという人におすすめです。

 

 

ルプルプ(LpLp)の詳細はこちらのページ

 

 

その他の白髪染め

その他、白髪染めを調べてみると、エフキュアも無添加のヘアカラー商品で人気があるようです。こちらは、パサつきを抑える効果と美容成分が特徴ですので、髪の毛のトリートメントとしても悪くなさそうですね。

 

ちなみに、頭皮の場合の目安ですが、1回あたり200円だそうですので、利尻ヘアカラーやルプルプとだいたい同じくらい。もちろん、髪の毛使用時の目安ですので、それ以外の部分なら、量はもっともっと少なくて済みますから、かなり安くできますね。

 

また、おしゃれ染め用の黒染めスプレーも、陰毛染め用ではないですが、毛量や本数や毛質にかかわらず部分染めができて便利です。髪の毛同様効果的なお悩み解決方法です。

 

これを機に、頭髪の気になる白髪も染めてみてはいかがでしょうか。どれか1本持っておいて損のないアイテムです。なお、どの商品も、陰毛の専用の白髪染めではありませんので、使用には十分注意し、万が一肌に合わないような感じであれば、使用はすぐに中止してください。あくまで、このサイトでは、頭髪用の無添加商品としておすすめしています。

 

陰毛の白髪染めの選び方のポイント

陰毛はデリケートゾーンの生えるものなので、白髪染めも慎重に安全なものを選びたいものですよね。

 

陰毛の白髪染めの選び方のポイントとしては、下記のようなものが考えられます。

 

  • 法定着色料や化学染料を含まないものを選ぶ
  • 肌に優しい天然成分100%のものを選ぶ
  • 臭いが少なく、お風呂を汚さないものを選ぶ

 

法定着色料や化学染料を含まないものを選ぶ

一般的に白髪染めの成分で問題となりがちなのが、パラフェニレンジアミンという成分です。この成分は、場合によっては命にかかわるようなアレルギー反応の副作用を起こす可能性があるともいわれているため、特に注意が必要です。

 

陰毛を白髪染めで染めるなら、かならず化学染料や着色料などを含まない白髪染めを選ぶよう、購入前には成分をよくチェックするようにしましょう。

 

肌に優しい天然成分100%のものを選ぶ

頭皮よりも、陰毛の生える部分は特にデリケートなゾーンです。陰部の周りは経皮吸収が大きい部位であるため、白髪染めやカラーリング剤がちょっと液ダレしたりしただけでも、かなり吸収して激痛が走る可能性があります。

 

肌に優しく刺激が少ない白髪染めを選ぶことは必須だといえるでしょう。ただ、天然成分100%のものは、すべてが刺激性が少ないというわけではなく、ハーブでも強い毒性や刺激性を持つ種類のものも中にはあります。

 

しかし、化学合成物質を多用したものよりも、天然成分を使用した無添加の白髪染めの方が安全性も高く、トラブルが起こる危険性が少ないことは確かだといえますので、できるだけ肌に優しく刺激の少ないものを選ぶようにしましょう。

 

臭いが少なく、お風呂を汚さないものを選ぶ

白髪染めにはもともと独特の臭いがあるものですが、この臭いができるだけ少ないものを選ぶことも、快適に白髪染めを行うポイントになります。

 

特に、陰毛の白髪を臭いの強い白髪染め剤で染めてしまうと、そもそもデリケートゾーンの臭いが気になる女性が多いはずなのに、よけいに臭いが混ざり合ってきつくなってしまいかねません。

 

またたいていの場合、陰毛の白髪染めはお風呂場で行うことになるかと思いますが、臭いが強いタイプの白髪染め剤は1剤2剤の2つの液を混合して使うタイプのものが多く、染まりやすさも刺激もかなり強い場合が多いのです。

 

そのような強力な白髪染め液は、一度お風呂に付くとなかなか落ちない汚れになってしまうので、注意が必要だといえます。

 

1剤2剤を混ぜるタイプのような強い白髪染め剤はなぜ危険?

 

頭髪用として販売されている白髪染めの製品は、1剤2剤に分かれている薬剤を混ぜるタイプのように、かなり強力な薬剤が使われている場合が多くなります。

 

その理由は、白髪を染めることはそもそもかなり難しく、うまく色が毛髪の組織の中に入らないためです。

 

白髪染めの色素を髪の毛の中に入れるために、かなり強目の薬剤で毛をコーティングしている組織を破壊し、その隙間から色素を入れることになるのです。

 

白髪染めの作用はこのようにとても強いので、白髪染めをしたあとは、個人差はありますが、毛の質がまるで針金やプラスチックのように固くなったりゴワゴワになったりします。その結果、毛にダメージを負い、弱くなってしまう場合が多いのですね。

 

頭皮はかなりデリケートですが、陰毛の生えている皮膚は更に薄いため、陰毛に白髪染めを使う場合には、一般的な1剤2剤を混ぜるタイプの頭髪用の白髪染めを使うのは危険であるといえます。

 

陰毛の白髪を永久脱毛できる?

白髪染めを使う方法以外では、脱毛という手段があります。こちらの特徴は、最初に一度やってしまえば、永久に処理作業をしなくていいということ。料金的にも実は、白髪染めより安かったりします。

 

ただし、脱毛は成長期にある成長毛にはお手入れ効果がありますが、毛根の細胞が休んでいる退行毛には効果がないので、タイミングを合わせないといけないことがデメリットです。

 

脱毛サロンや皮膚科での脱毛処理が可能な体毛の場所には、アンダーヘアー、すなわちVライン、Iライン、Oラインを合わせたビキニラインのVIOライン処理も含まれます。

 

脱毛処理方法には、医療レーザー脱毛、ニードル脱毛(電気脱毛ともいう)、光脱毛など、いろいろな種類があります。

 

ただ、医療レーザー脱毛などは、メラノサイトで作られたメラニン色素など黒い部分だけに反応する特殊なレーザーや光を使用しているタイプであるため、白い毛自体には反応しません。

 

しかし、エステティックTBCのみで行われている電気脱毛(スーパー脱毛)だけは、黒に反応する働きを利用せず、毛穴から根元の色素細胞自体に直接働きかけるので、白髪でも脱毛が可能です。

 

エステティックTBCでは脱毛トライアルも行っていますので、いつも自分の陰毛の白髪チェックをして気になっている人は、一度カウンセリングで質問や相談をしてみるとよいでしょう。

 

ホームページには体験談なども載っています。下記ページに記事をまとめましたので、こちらを参考にしてください。

 

陰毛の白髪を永久脱毛するなら…はこちらの記事

 

陰毛に白髪が生える原因とメカニズムは?

そもそも陰毛に白髪が生える原因とは何なのでしょうか。

 

主には、老化や加齢以外にも栄養不足や血流量の不足、ストレスによる自律神経の乱れ、生活習慣の乱れ、白髪家系の遺伝等いろいろあります。

 

現代社会ではこのように様々な原因で、年齢に関係なく若年性白髪や若白髪と呼ばれる状態になります。また、頭の毛髪や陰毛だけではなく、鼻毛や耳毛、髭、眉毛などにも十分、白くになるリスクがあります。

 

陰毛の白髪は病気のサインといううわさは本当?

陰毛に突然白髪が生えているのを発見したり、急に陰毛の白髪の量が増えたりすると、それは病気のサインであるという噂を聞いたことがある方もいるのではないでしょうか。

  • 性感染症
  • 不妊
  • ガン(子宮頸がん)

上記のような病気の兆候ではないか?と言われたりすることもある陰毛の白髪ですが、結論として、そのような噂にはまったく根拠がないといえます。

 

もし髪の毛に若白髪ができたとしても、病気を疑う人はあまりいませんよね。それと同じように、陰毛に白髪が急に生えてきたからといっても、イコールそれが病気の兆候であるということはありませんので、心配しないでも大丈夫です。

 

白髪染め以外の自己処理方法4つ!

  • ハサミやシェーバーでカットする
  • 陰毛処理専用ハサミなどはないので、眉毛用の小さなハサミが形も整えやすくて良いでしょう。シェーバーは、顔用の電動I字シェーバーがおすすめです。

     

  • 除毛クリームで除毛する
  • クリームタイプで使いやすいですが、薬剤として強いので肌荒れに注意しましょう。

     

  • 家庭用脱毛器や毛抜きを使って毛抜き処理する
  • 陰毛を一本一本処理するのは、ヒゲなどと同様、強い痛みやダメージを伴います。

自分自身で陰毛を処理するのは、いずれにしても陰部の皮膚にダメージを与える可能性があります。やはり、おすすめ自己処理方法は、白髪染めカラーなどの染毛剤を使用することです。

 

陰毛の白髪を生やさないための予防方法

  • 白髪専用サプリメントや白髪予防サプリメントを飲む
  • 陰毛などの体毛が白髪混じりになるのは、亜鉛や銅ミネラル不足のサインであるといわれます。食事と一緒に「ブラックサプリEX」などのサプリを利用するのもおすすめです。

     

  • スポーツや入浴、育毛剤で血流改善
  • スポーツは良いストレス発散方法であり、血流不全の解消にもつながります。入浴や市販の育毛剤で血行を良くすることも効果があります。

     

  • 髪にいい食ベ物や食事で予防になる食生活を送る
  • チーズなどに含まれるチロシンは、黒色メラニン色素生成を助けるチロシナーゼとよばれる酵素を作るのに役立ちます。

予防を心がけることで、ストレス発散や生活習慣の見直しにもなり、思わぬ病気を防ぐことにもつながります。陰毛への対処として白髪染めを使うにしても、生活全般は見直したいものです。